葬儀をするなら宗教を考える|形式の違いが一目瞭然

男性

宗教とお葬式

葬儀

お葬式の内容

お葬式は宗教や宗派によって考え方、スタイル、しきたり、マナーが違います。日本で1番多いのが仏教を基本とした仏式葬儀です。一般的な日本人がイメージするお葬式が、仏式葬儀です。福岡でも、仏式葬儀が一般的です。流れとしては、最初に仮通夜があり、その次に本通夜、次の日に葬儀、告別式があります。これは基本的か流れですが、最近は福岡でも仮通夜などは省略する場合が多いです。生前キリスト教を信仰していた人が亡くなった場合、キリスト教式の葬儀で行います。キリスト教でも、カトリックとプロテスタントがあります。カトリックの場合は神父さんが、プロテスタントの場合は牧師さんが式を執り行います。式では聖書の朗読、賛美歌の斉唱、献花などがあります。海外のキリスト式葬儀では通夜はありませんが、日本では「通夜の祈り」「前夜式」という通夜に似た儀式が行われることがあります。福岡では神式の葬儀もよく行われています。神式葬儀は神道を信仰する人が亡くなった場合に執り行われる葬儀のことです。正式な名称は神葬祭と言います。神葬祭では、仏式ではお焼香、キリスト式では献花にあたる玉串奉奠という儀式が行われます。玉串奉奠とは、神主から玉串を受け取り、それを根っこの部分を手間にして祭壇にお供えする儀式です。独特のマナーがあるので、福岡で神式の神葬祭に参列するときは、イラストや動画などで玉串奉奠のやり方をマスターしておくのがお勧めです。

通夜や葬儀の準備

八尾市の葬式の準備は、式場・日程・費用を決めることから始めます。費用のことでトラブルにならないように見積書を厳しくチェックしてから契約を交わしましょう。式場の斎場は民営と公営があり、公営斎場は他と比べて金額が安いのが特長です。日取りについては縁起が悪いとされる友引・丑・寅の時間は避けた方が無難です。

業者に頼むのが安心

大切な親族が亡くなった際の、遺族の悲しみは計り知れません。さらに慣れない葬儀の場では心労がかさむことも多いものです。藤井寺での葬儀においても、その特色などを熟知した業者へ依頼することで、しきたりや風習を事前に確認できご遺族の負担が軽くなることでしょう。

充実の施設で快適なお葬式

荒本エリアで葬儀サービスを選ぶ場合、新しい葬儀施設と提携する所を探すと快適にお葬式が出来ます。充実した設備が完備されている葬儀場は、終始リラックスをして過ごせます。サービスを選ぶ時は、最近のニーズを踏まえているかどうかも1つのチェックポイントです。